TEL 042-341-0741
学校紹介
Home > 学校紹介(校長メッセージ)
学校紹介
校長メッセージ
 本校は明治13年に福沢諭吉の高弟である矢野文雄が、この日本を「紳士の国」にしたい、「紳士」を育成しなければいけないという想いから「国際社会に通用する人間づくり」と「実学の徹底」を建学の精神として創立した学校です。翌年には「三田英学校」に改称し、英語教育に力を入れた学校として現在に続いています。東京には「錦城」という名のつく学校が二つあります。神田にある錦城学園高等学校と昭和38年に理想の教育環境を求めて小平市に移転開校した錦城高等学校です。平成9年に本校が共学化をスタートし、平成18年には錦城学園高等学校が共学化し、平成20年に学校法人として完全共学となりました。
 本校では、「生徒のために、生徒とともに」を常に心がけ、「楽ではないけれども、楽しい学校」創りに取り組んできました。私達は学校生活の基本は授業にあると考え、一時間一時間の授業を大切にしています。校内は活気に溢れ、昼休みや放課後になると、明るい歓声や笑い声があちこちから聞こえてきます。勉強は厳しいけれども、学校は楽しいと多くの在校生が語っています。
 高校はゴールではありません。そして高校時代は人生の中で心身ともに最も逞しく成長する時期です。どこで、どんな思いで、どのような3年間を送るかで、その後の人生が大きく左右されるといっても過言ではないでしょう。四年制大学進学を希望する生徒の願いに応えるのは、私達の責務ですが、受験勉強だけの高校生活を送って欲しいとは思いません。部活動、生徒会活動、学校行事などにも積極的に参加してください。二者択一的な生き方ではなく、あれもこれもと欲張った3年間を送って欲しいのです。
 過去と他人は変えられません。しかし未来と自分は変えられます。素晴らしい未来と、新たな自分に出会うために、高い志を立てましょう。将来の夢が大きければ大きいほど、その分努力も我慢も必要です。「報われない努力」はあっても「無駄になる努力」はありません。誠実に努力する限り夢は叶うと信じましょう。私たちは皆さんの夢が叶うよう、全力で応援します。限りない可能性を信じて、熱い思いで、主体的に高校生活と取り組む、そんな皆さんとの出会いを楽しみにしています。
校長 松林 博之